工事に必要な足場シート!【ケガのリスクを軽減】

土のう袋

意外と用途の幅が広い

土のう袋には、強度を増したものや紫外線に強いものなど、様々な種類があります。瓦礫を運んだり水をせき止めるなど、用途の幅が広いのも魅力的だといえるでしょう。1枚当たりの単価が安いため、10枚、20枚単位で購入できます。

作業現場

飛散防止の製品もある

足場シートを購入するということであれば、様々なことをきちんと考慮することが大事です。どんな足場シートを購入するのかは、現場や使用目的から変化させていくということみ出来ます。足場シートは、多くの人に利用されています。

作業員

土のうを作る

土のうとは袋に土砂などを詰めて、それを積み重ねて簡易の壁とするものです。その土のうを作るための袋を土のう袋といいます。土のう袋にも使われている素材によっていくつかの種類があり、耐久性に違いがあります。

一軒家

思いっきり作業しよう

足場シートはインターネットからの購入も一般的となっています。大量に購入する場合も手間がかからず手元まで届けてくれるので便利だからです。またストア側も利用者に納得してもらえるよう、数種類のサンプルの提供にも前向きです。

土嚢袋

工事現場で必要なもの

土のう袋は工事現場や建築現場で必須のものとなっています。最近は一般家庭でも台風接近などにともない、用意することがあるので、いろいろなところで購入できます。必要に応じて買い求めて準備をしてくと安心です。

安全に作業をする為に

建設現場

必ず必要な足場のアイテム

安全の為に、足場の外に張ってある足場シート。住宅や建物の建設現場で必ずと言っていいほど見かけるもので、穴の開いているシートは風を通すので、台風の直撃など風が強くなりそうな時は便利ですが、一方で足場が倒壊する可能性もあります。足場は建設現場で働く作業員の為だけでなく、付近を通行する一般の人の為にもあるものなので、工事現場では欠かせないものです。万が一、足場が倒壊してしまうと、建設中の建物が傷む上に、歩行者はもちろん、車や近隣の家、建物も傷つけ、場合によっては人命に関わる大きな事故につながりかねません。最近のニュースや新聞でも、台風だけでなく、春一番や冬場の強風で足場が倒壊する事故は度々報じられています。そもそも、足場シートは工事現場などで、上から落下した材料や備品が、現場以外に飛散するのを防止する為に設置されています。例えば、木造住宅を建設する場合、建て始めの時、柱や梁を金物で固定するので、足場シートがないとその金物が近隣の住宅や建物に飛んでしまうので、必須のアイテムです。また、木造住宅以外を建設する場合でも、外壁や屋根の塗装の際は、塗料が風で飛散しないように足場シートを設置する場合があります。この足場シートも作業現場の請負会社や現場の人間によって、張り方や設置の有無が大きく変わってきます。塗装の質を高める、という意味でも足場シートの設置は非常に重要で、現場と周囲の安全を確保する、という意味でも必要なものなのです。

Copyright© 2017 工事に必要な足場シート!【ケガのリスクを軽減】 All Rights Reserved.