掃除や補強などを行ってくれる業者を利用して快適な空間に整える

自然の光を利用する

太陽光発電は土地に関係ない

太陽光発電は、専用の発電システムに太陽の光を集めて発電する自然エネルギーです。 太陽の熱で発電すると思っている方が少なくありませんが、用いるのは「光」ですので基本知識として覚えておきましょう。そのため日本全土どこでも一定の電気を作り出すことが可能です。 曇り、雪、雨などの天候の影響や地域によって多少の差はあるものの、4.6kwシステムを導入した場合に5000kwh〜6000kwhの範囲が全国の年間発電予測量とされています。また、発電量は落ちますが、僅かでも太陽の光が届けば発電することができるのが特徴的なシステムです。 そのため、北海道や東北の豪雪地帯であっても太陽光発電を導入するメリットは十分にあるでしょう。

土地を有効活用できる

太陽光発電は土地活用ができます。 一般住宅では住宅屋根の上にシステムを設置しているケースが多いですが、太陽光発電自体は設置場所を選びません。例えばビルの壁、広場などに設置されているケースもあります。 太陽の照射条件が最も重要とされているので、陽が十分に当たる場所ならどこでも土地活用が可能です。もしも、余っている土地がある、設置できそうな場所があるのなら、ぜひ土地活用に太陽光発電を設置してみてください。 また、このように土地活用をすることで売電による収入を得ることもできますし、税制の優遇を受けることもできます。 土地は使ってなんぼですので、資産運用の一つとして太陽光発電の設置を検討するのもおすすめです。

Copyright© 2015 掃除や補強などを行ってくれる業者を利用して快適な空間に整えるAll Rights Reserved.